SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

ゴルフコンペ

2017-Sep-22

今朝は、インターネットがうまく繋がらず、苦戦した。
何とか、繋がるようになったが・・・

昨日は団地のゴルフコンペだった。

DSC04787.jpg

天気も良く、この日は暑かった。

年寄向きの平坦なコース。

DSC04800.jpg

スタート前のパッティング練習。
みんな意気込んでいたのだが・・・・

DSC04786.jpg

コース内には・・・

DSC04801.jpg

同伴者と昼食タイム

DSC04796_LI.jpg

ゴルフ終了後、各自一旦帰宅し、そのあとc団地近くの居酒屋に5時集合で、懇親会及び表彰式を行った。

DSC04803.jpg

その後、融資で近くのスナックで二次会だ。
カラオケを楽しんだ。

DSC04811.jpg

結局帰宅したのが11時過ぎ、ま~一日よく遊んだ。

今朝は体中が痛い。
つくづく運動不足を痛感している。
スポンサーサイト

ちょっと気になる

2017-Sep-20

今朝は曇り空だ。
今日は彼岸の入り、これから墓参りだ。

たまに外食をすることがあるのだが、どうも気になることがある。

注文したものが運ばれてきて、店員が「〇〇になります」という言い方だ。
‥になるというのは、△△から〇〇になるというふうに変化するときに使う言葉だ。

では〇〇の前は何だったんだ?・・・とたまにふざけて言うと、店員は怪訝な顔をするが・・・・

気になるのは私だけか?

まったくおかしな言い方だ。
そう、教育されているのだろうか?

時々、お客が会計をしいたいとき 「おあいそお願します!」と言っているのを聞くことがある。

この言い方は間違いで、「おあいそ」は店側が使う言葉なのだ。

「おあいそ」は店側が「お客に対して「愛想がなくて申し訳ありませんがお勘定をさせていただきます」という
意味が込められている言葉なのだ。

客側が使うのは失礼に当たるので気を付けたいですね。

また、すし店で、「あがり」とか「がり」とか「むらさき」などと通ぶって言う客もおりますが、これもタブー。

お断り

明日は団地のゴルフコンペで出かけますので、休ませていただきます。


刺身、お造り

2017-Sep-19

今朝も秋晴れの好天だ。
今までのようにむし~とした暑さはなく、秋を感じさせる爽やかさだ。

この時期、おいしい魚といえば、サンマですが、今年は異変が起きており、サンマの水揚げが極端に少なく、
各地で行われる「さんま祭り」も中止に追い込まれているという。

日本人は昔から魚を食べているが、最も古い調理の形は「なます」だそうだ。

「なます切り」という言葉があるくらいで、ようは生魚を一口大にぶつ切りにしたもので、「わさび」「しょうが」「たで」
などを加えた酢で食べられていたようだ。

今では刺身といえば「わさび」と「醤油」だが、この食べ方になったのは200年位まえの江戸時代後期からといわれている。

ところで、「刺身」という言葉ですが、言霊信仰の残っていた武家者社会では言葉や動作なども縁起を担いでおり、
「切り身」が「身を切る」➡「腹を切る」➡「切腹」を連想されることから「切り身」を言い換えて「刺身」というようになったようだ。

関西などではやはり同じ理由で「「お造り」という言葉が生まれたようだ。

刺身


秋の夜長、おいしい刺身でしみじみと飲む酒・・・・・~んいいですね。

酒の肴と下戸

2017-Sep-18

各地に被害をもたらした台風18号、関東には対して被害はなかったようだ。
こちらも夜中、風が強かったが、まtts九被害はなかった。
今朝は台風一過快晴で、暑くなる予報だ。

食欲の秋、スポーツの秋、そしてしみじみ飲む酒また楽し。 

枝豆や冷ややっこなどをよく「酒の肴」と呼ぶことがありますが、この言い方は間違っているようだ。

この場合の「さかな」は「酒をうまくする仲立ちをする食物」を意味し、「酒の菜」が省略されたもの。
つまり、「肴」自体に「酒のさかな」という意味があり、重なってしまうので、「酒の肴」と使うのは間違いだという。

昔は魚介類と野菜をまとめて「菜」といい、特に魚のことは「真菜(まな)」、野菜を「粗菜(そな)」と呼んでいたようだ。

調理をするときに使う「まな板」もここから命名されたものだという。

秋の夜長、しみじみと酒を味わいたいものですね。

よく、お酒の飲めない人のことを「下戸」と呼びますが、その由来は・・・

昔、律令制で「大戸・上戸・中戸・下戸」とよばれる四等戸があり、「下戸」は最下級のこと。

「戸」は課税の最小単位で、家族の人数や資産等によって四等戸が決められていた。

婚礼時にふるまわれる酒の量が貧富で違っており「上戸」は八瓶、「下戸」は二瓶だったようだ。
酒の量が少なく飲みたくても飲めない人のことを卑下して「下戸(げこ)」と呼び、それがいつしか酒の飲めない人を「下戸」
酒をよく飲む人を「上戸」と呼ぶようになった。

ブービー

2017-Sep-17

台風の影響なのだろうか、今朝は小雨が降っていて、肌寒いくらいの気温だ。
大型の台風18号が間もなく九州上陸の予想だ。
関東には今日の午後から夜にかけて最接近するとみられる。
大きな被害が出ないことを願う。

今週の木曜日は、団地のゴルフコンペだ。 
台風一過天気はよさそうだ。
ゴルフ同好会を立ち上げ、その幹事役を引き受けており、ゴルフ場探し、人集め組み合わせ、さらには商品手配
など、なかなか大変だ。

よく、ゴルフコンペなどで「ブービー賞」が設けられて、賞品がもらえることが多いが、もともと「ブービー」とは「マヌケ」
という皮肉を込めて最下位の人に与えられていた賞なのだそうだ。

ところが故意にブービー賞を狙う人が続出したため、狙っても取り難い最後から二番目の人に与えられる賞になった。

語源は、ガラパゴス諸島に生息する「カツオドリ(ブービー)」という鳥のことで、この鳥は誰にでも簡単に捕まえることが
できるほどマヌケな鳥で、漁師の間で「ブービー」を「マヌケ」という意味で使われるようになったのだそうだ。

我がコンペでもブービー賞を設けているが、できれば取りたくないな~

Newest

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.