FC2ブログ

SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

鎌倉散策その1

2018-Oct-23

昨日の好天とは一変今朝はどんよりとした曇り空だ。

昨日は絶好の行楽日和。
娘が北海道から出てきて今日帰るというので、昨日は家内と3人で鎌倉散策に出かけた。
最寄駅から鎌倉まで電車でたっぷり2時間だ。

JR鎌倉駅から鶴ケ岡八幡宮迄小町通をぶらぶら散策しながら・・
家内と娘はすぐお店へ飛び込むのでなかなか先へ進まない

DSC02183.jpg   DSC02186.jpg

平日なのに結構観光客でにぎわっていた。
着いたのがお昼ちょっと前だったのでとりあえず腹ごしらえにとお店に入り頼んだのがシラス海鮮丼。
釜揚したてのシラスがたっぷりで美味しかった。

DSC02185_20181022200233364.jpg

ぶらぶら歩いて鶴ケ岡八幡宮へ

DSC02191.jpg

DSC02193.jpg

境内にあった庭園がきれいだったので・・・(でも写真ではよくわからないな~)

DSC02195.jpg

そして本堂へ
大した階段ではないが結構きつかった。

DSC02196.jpg

本堂からの眺めはこんな感じ

DSC02198.jpg

残念ながら本堂は撮影禁止。

続きはまた明日。



スポンサーサイト

風邪には・・・


2018-Oct-22

今朝も快晴。
日に日に肌寒くなってくると風邪をひきやすくなる。

風邪をひいたときの対処法で良かれと思ってしたことがと意外や無意味だという。

まず
  ・ 風邪に抗菌剤(抗生物質)は不要
  ・ 点滴に風を治す成分は入っていない
  ・ 風邪薬は風邪の症状を抑える薬で、風邪を治す薬ではない
  ・ 病院で処方された薬と、市販薬の効き目はさほど変わらない

そもそも風邪はウイルス感染によるのどの痛みや鼻腔内の炎症が起きて鼻水や咳などの症状が出るもので抗生物質
は不要だという。

風邪薬も症状を抑える「対処療法」でのどの痛みを抑える、痰を出やすくする、鼻水が造られるのを抑える、咳を抑える
夏を下げるなどの症状を軽くするだけで、ウイルスの活動を抑える成分は履いていないので厳密な意味で風邪を治療
する薬ではないそうだ。

結論として風邪をひいてしまったら 「安静(休養)」「保温」「消化の良いもので栄養補給」「水分補給」だけで、特別な
治療は必要ないそうだ。


風邪にかからないことが一番。
外出から帰ったら、うがい、手洗い、で風邪をひかないよう気を付けましょう。


潰し?

2018-Oct-21

今朝は雲一つない秋晴れだ。

今日はちょっと言葉について。
よく「潰しが利く」というが、辞書で調べてみると
 ・それまでの仕事を辞めたとしても他の仕事をする能力が身についていること
 ・学校などで学んだことが社会に出てから役に立つこと
 
ということらしいが、それなら「潰しが利く」ではなく「潰しが利くことを学ぶ」といった方が正しいと思うのだが・・・

逆に「潰しが利かない」という使い方もあり、職場や学校で身に着けた知識が、次の職場などでは役に立たない
時などに使われる言葉だ。

私などこれだな~

この「潰しが利く」の語源はというと・・・

潰し」とは何を潰しているかというと、金属のことで、金属は潰してしまえば他の金属製品など再利用することが
出来ることからきているそうだ。

今年はちょっと・・・

2018-Oct-20

秋晴の気持ちのいい朝だ。
今朝もかなり冷え込んだ。

例年コスモスがきれいに咲く、コスモスロード、春にはポピーロードになる水路の両脇の遊歩道。
昨日ちょっと覗きに行ってみたが、先の台風の影響か夏の猛暑の影響なのかはわからないが今年は
花つきが悪い。

DSC02174.jpg

かろうじて一部でいくらか咲いている程度だ。

DSC02178.jpg

DSC02170.jpg

DSC02171.jpg

DSC02172.jpg

DSC02176.jpg

来年に期待しよう。

お詫び
 昨日の記事で豚汁を九州だけが「ブタ汁」だと思っていましたが、他でも結構「ブタ汁」というところがあるようで、
 誤解を招くような書き方で失礼いたしました。

豚汁

2018-Oct-19


今朝の冷え込みは今年一番、昨夜はさすがに毛布かけて寝た。

香、涼しくなってくると食べたくなるのが豚汁。

豚汁

私も大好きです。

ところで「豚汁」をどのように読みますか?
私は「とんじる」ですが、「ぶたじる」と読むところがあるようです。

面白いことに「ぶたじる」と読むところは九州の福岡県、長崎県、佐賀県の3県だけのようだ。
熊本県では半々「とんじる」「ぶたじる」だそうだ。

なんで九州地方だけなんでしょうかね。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.