SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

銭湯とスーパー銭湯

2018-Mar-7

今朝はまたよく晴れているが、かなり冷え込んで寒い。
また寒気が南下してきているせいだというが・・

今日は、我が団地の麻雀大会だ。
毎週水曜日には25人ぐらい集まって麻雀をやっているが、年2回大会がある。
普段は、何も商品はないが大会では賞金が出るのだ。
そんなわけでこれから頑張ってきます。

寒い日は、暖かいお風呂が一番だ。
一日の疲れも問える。

今はどの家庭でもお風呂がありますが、昔は内風呂が無く銭湯によく行ったものだ。
お風呂から上がって、瓶入りのコーヒー牛乳・・・あれが楽しみだった。

最近はあちこちにスーパー銭湯を見かけ、いつも駐車場には車がいっぱいで結構賑わっているようだ。
関東では昔「船橋ヘルスセンター」のコマーシャルソングがテレビで毎日のように流れ、スーパー銭湯のハシリ
だった。

♪ 船橋ヘルスセンタ  船橋ヘルスセンター
     長生きしたけらや ちょっとおいで、
     チョチョンガパ チョチョンガパ
        ・・・・・・・     ♪

ところで、銭湯とスーパー銭湯の違いわかりますか?
コーヒー牛乳が置いてあるかどうか?・・・まさか

明らかな違いは「料金」。

銭湯は終戦直後の物価統制令が残っていて、各都道府県の条例で料金が定められているが、スーパー銭湯は
自由料金なのだ。

銭湯は主に地域住民の利用頻度が高いが、スーパー銭湯はより規模が大きく、入浴以外の娯楽性が高いため、
家族連れも多いようだ。

スーパー銭湯は、銭湯と差別化するために”銭湯を超えた”という意味で銭湯に”スーパー”をつけたもの。

以前は充実した施設=スーパー銭湯という認識だったが、近年は銭湯にも露天風呂やサウナなどの施設を
供え設備も充実してきており、境がなくなってきているようだ。

銭湯の大きな湯船でゆっくり足を延ばして入りたくなったな~
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.