SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

手と足

2018-Mar-10

今朝は曇り空、これからはれるようだが、相変わらず気温は低い。


日本語にはよくわからない慣用句がある。

悪事を始めるときと悪事から退くときにはそれぞれ「手を染める」と「足を洗う」という慣用句をよく使う。

どうして「手を染めた」のに汚れていない「足を洗う」というのか?

手を染める」は「犯罪に手を染める」というように悪いことを始めるという意味で使われることが多い。

しかし、本当の意味は何かを始めること、物事の始まりであり、悪いことに限定して使われる言葉ではないのだ。

元は、色を「染める」ではなく「初(そ)める」という感じが使われていた。

「書初め」や「お食い初め」などでも使われる通り何かを始めるということを意味する。

後に染めるという感じに変わったのは藍染めをした際に手に着いた塗料がなかなか落ちないことから
始めると容易に抜け出せない」という意味をかけて「手を染める」となったようだ。
そしていつからか犯罪など悪い事とセットで使われるようになったようだ。

手を染める」と同様「足を洗う」も悪いことを限定して使われる言葉ではなく、単に仕事を辞めるという意味でも使われている。

そもそも「足を洗う」は仏教が語源由来で、裸足で修行に出た僧侶たちが寺に戻る際に泥のついた足を洗うことで
煩悩を清め仏行に事からきている言葉だそうだ。

手染める」と「足を洗う」はそもそも語源由来が違うようだ。

ちなみに中国では「手を染める」に対して「手を洗う」というようだ。

私もそろそろゴルフから足を洗おうかな?
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.