FC2ブログ

SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

あれから7年 思うこと

2018-Mar-12

今朝は抜けるような青空が広がっている。

昨日は東日本大震災から7年目。
被災地はあの日は小雪が舞っていた。

7年前の今日、テレビに映し出された映像いまだにあの衝撃的な大津波が目に焼き付いて離れない。
家屋が流され、多くの犠牲者を出した。

(写真は当時の記録画像から借用しました)
3.11その2

3.11その3

3.11その1


なかなか進まない復興、いまだ仮設住宅での生活を余儀なくされている人たち、そして何よりも気になる
のが1600余名の行方不明者だ。
遺族の心境を考えると、心が痛む。

津波による被害はもちろんのこと、原発事故による避難者だ。
帰りたくても帰れない人。

帰る、帰らないは自己責任だ!とのたまわった馬鹿大臣がいたが・・・
被災者たちの心情を逆なでするような発言はもってのほかだ。

何年たっても、愛する家族を失った人にとっては心休まることはないだろう。

昨日は各局のテレビで放映していたが、7年経った今もまだ当時のままの状態のところがあるのには
驚いた。

森友だ、加計だのやっている暇があったらもっと被災地の状況を確認するぐらいのことをやったらどうだ!

被災者の皆さんに心休まる日は来るのだろうか?

我々は決して3・11を忘れてはならない。








スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.