FC2ブログ

SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

母の日

2018-May-13

今朝は曇り空で天気も下り坂のようだ。

毎年、5月第二日曜日は「母の日」。
今年も、家内のところに娘から「母の日」プレゼントの花が届いた。
家内もうれしそうだ。

DSC00612_20180512161035a1b.jpg

いつ頃から母の日が行われるようになったのだろう?

母の日の起源について調べてみた。

1905年5月9日、アメリカのフィラデルフィアに住む少女アンナ・ジャービスが母の死をきっかけに「生きているうちに
お母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべき」・・と働きかけたのが始まりとされている。

この働きかけがアメリカ全土に広まり、1914年に当時の大統領ウイルソンが5月第二日曜日を「母の日」と制定し
国民の休日となった。

またアンナの母親が好きだった白いカーネーションを追悼式の祭壇に飾ったことから、母が健在であれば赤いカーネーション
亡くなっていれば白いカーネーションを飾ることになり、現在のように母の日にはカーネーションを贈る習慣が生まれたようだ。

日本で最初の母の日が行われたのが明治時代末期といわれ、大正時代にはキリスト教会や日曜学校で徐々に広がっていき
昭和に入ると大日本連合婦人会が結成されたのをきっかけに、皇后の誕生日の3月6日を「母の日」と定めたようだ。

当時の母の日はそれほど国民に普及しておらず、昭和12年に、菓子メーカーである森永製菓が「母の日大会」と称し
大々的な宣伝を行い広めたことで全国的に認知され、母の日が各地に広まっていった。

昭和24年頃からアメリカの例に習って5月の第二日曜日に行われるようになり、これが一般的になっていった。
一人の少女の働きかけが、全世界に広まったんですね。

ここでもやはり菓子メーカーの策略があったんだ。
ヴァレンタインデイしかり、ホワイトデイしかり、したたかな菓子業界。

でも当初は3月6日が母の日だったがだ~
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.