FC2ブログ

SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

蜘蛛の巣

2018-May-26

今朝は雲一つない快晴だ。
昨日は買って務めていた会社のOB会のゴルフコンペだった。
真夏のような暑さで、熱中症になるかと思うぐらいで、最後はフラフラだった。
久しぶりに会う懐かしい面々とのラウンド楽しんできた。

蜘蛛の巣が見事だったので・・・・

蜘蛛の巣

蜘蛛は体から出す糸で産卵のための巣を作ったり獲物を捕らえたり、葉や枝に絡めて移動したりする。

この糸は体内で分泌されたたんぱく質の一種だそうで、外に出て空気に触れると固まって糸になるようだ。

蜘蛛の糸に触れ、絡まって動きにくくなった昆虫などを捕らえる。

ところが蜘蛛は移動の時などに糸に触れても絡まることがないのはどうしてだと思いますか?

理由は糸の種類をうまく使い分けているからだそうだ。

蜘蛛が糸で作る網は粘りのある糸は横糸だけで、縦糸には粘りがないという。

蜘蛛が移動するときにこのうち粘りのない縦糸を伝って歩くため、自分の糸に絡まることはないといわれている。

では、横糸の上を通ったら蜘蛛はひっかるのというかというと、蜘蛛の足には脂肪酸の物質を分泌する腺があり、足先が
その油でコーティングされているので絡まることはないそうだ。

脂肪酸などをそうだよく溶かす液体で蜘蛛の足を洗って横糸に乗せると絡まってしまうようだ。

生き物の生態って面白いものですね。
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.