FC2ブログ

SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

野萱草

2018-Jun-29

昨夜も寝苦しい夜だったが、今朝も朝から真夏のような太陽が照り付け、今日も猛暑の予報だ。

昨夜のサッカーワールドカップコロンビア戦、1:0で負けはしたが決勝トーナメント進出が決まった。
しかし後半の日本の戦略いただけない。
何としても同点に持ち込んで、自力で決勝トーナメントに進出してほしかった。


昨日もうだるような暑さにいささか参った。
そんな暑い中、古河市にあるネーブルパークへ出かけた。

というのは、昨日朝の天気予報で予報士の依田さんが、ネーブルパークの「ノカンゾウ」が見ごろだと言っていたので・・・

DSC01129_20180628184708be4.jpg

この公園には昨年菊花展を見に来たことがある。
広大な敷地には、つり堀、乗馬、アスレチック、ミニSL、キャンプ場などの施設があり休日には賑わうところだ。

DSC01130.jpg

ノカンゾウがどこに咲いているかわからず、公園内を探しまわった。
今朝のテレビを見たという人が大勢来ていた。

DSC01131.jpg

DSC01154.jpg

DSC01133_201806281847121a5.jpg

DSC01153.jpg

「野萱草」と書いて「ノカンゾウ」と読む。

「カンゾウ」の名は漢名の「萱草」を日本読みにしたもので、「野」は野原に生育するといった意味から。
薬草で「カンゾウ」というのがあるが、これは「甘草」で、これとは関係ない。

DSC01134.jpg


属名や和名で「忘れ草」とも呼ばれる。

花のつぼみを調理して食べると心配事をすべて忘れてしまうほど美味しいことからきているという説。
もう一つは美しい花を見ると憂さを忘れてしまうからという説だ。

「勿忘草(わすれなぐさ)」、はまた別の花。

DSC01135.jpg

「忘れ草」は、花が一日で終わると考えられていたためか英語では(Daylily)、独語でも(Taglilie)とよばれているが、
実際には翌日も翌々日も開花するものも多いようだ。

公園内には池もあり、水連が咲いていた。

DSC01140.jpg

DSC01146.jpg

名残の紫陽花も・・・

DSC01147.jpg

休みの日には子供たちでにぎわうだろうミニSL広場のSLも昨日は運休。

DSC01155.jpg

まだまだ公園煮には古民家やいろんな施設があるのだが・・・
あまりの暑さに、あきらめて引き上げてきた。
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.