FC2ブログ

SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

半夏生?

2018-Jul-2

今朝も容赦なく太陽が・・・・

 ”言うまいと思えど今日の暑さかな”

今日も暑そうだ、

今日は雑節の一つ「半夏生(はんげしょう)」。

半夏「鳥柄杓(からすひしゃく)」と呼ばれる薬草が生える頃であることが由来のようだ。

半夏生

雑節とは季節の移り変わりを表すための歴日であり、この他にも24節気、五節句、など日本には季節を表す
様々な歴日がある。
雑節といってもあまりピンとこないかもしれないが、雑節には、「節分」や「彼岸」、「八十八夜」などが有名な雑節だ。

半夏生は農家にとっては大事な節目の日で、半夏生を迎える前までに畑仕事や水田の田植えを終わらせる
目安の日なのだそうだ。

半夏生の日には天から毒が降って来るという言い伝えがあり、井戸に蓋をして毒が入らないようにしたり、
半夏生の日に収穫した野菜を食べないようにとか・・・

また、関西方面では半夏生にタコを食べるという風習があるようだ。

タコ

というのは半夏生はちょうど田植えが終わる時期でそんな時期にタコを食べるのは・・

  ・ 稲の根がタコの足のように四方八方にしっかり根付くように
  ・ 稲穂がタコの足(吸盤)のように立派に実るようにとの願いが込められているようだ。

また、タコにはタウリンが多く含まれており、疲労回復、肝機能強化、血液浄化や視力回復など様々な効能
があり、田植えで疲れている時期にタコを食べたということは効果的だったのではないだろうか。

地域によってはうどんを食べるところ、鯖を食べるところなど様々な風習があるようだ。

暑さ厳しき折、ご自愛ください。
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.