FC2ブログ

SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

夏の夜は・・・

2018-Jul-215

今朝はいくらか涼しい感じだが、湿度が高く蒸し暑い。

今日は私の誕生日だ。
仲間が昨日お祝いをしてくれた。
浅草で飲み、それから船で銀座へ出てまた飲みなおし。
暑い夏の夜のうれしい誕生会でした。

さて、
夏の夜といえば昔は怪談話で盛り上がったものだが、最近はあまり聞かない。

もっともらしい「絵の中の幽霊が動いた」なんて最もらしい話の「幽霊画」。

何と幽霊画は江戸時代は縁起物として重宝されていたという。

意外かもしれないが当時は珍しいものだったため、店に飾るとそれを目当てに大勢のお客がやってきて、
売り上げも上がり、おかげで商売繁盛だったようだ。

                幽霊画 2

また、夜になれば「泥棒除け」にもなるというありがたい存在だったようだ。

夜中に忍び込んだ盗賊も振り返った先に幽霊が睨んでいたら思わず腰を抜かすかも・・・・

より強力なよセキュリティーにするために「できるだけ恐ろしく描いてくれ!」と注文する人もいたそうだ。

そんな良いこと尽くしの幽霊がは注文する人がどんどん増えて、価格が高騰、ついには金持ちしか注文
出来なくなったようだ。
当時は幽霊画を持っていることは一種のステータスとなっていたようだ。

幽霊画で当時人気があったのが円山応挙。

                      幽霊画(丸山応挙)

よく見る幽霊画には何故足がないのかご存知ですか?


諸説あるようだが、有力なものの一つに中国の「反魂香(はんごうこう)」の存在がある。

「反魂香」とは伝説上のお香のことで、焚けばその煙から死者が姿を現すというもの。
幽霊の下半身が煙に覆われている描写が転じて幽霊には足がないというイメージが生まれたのではないか
といわれている。

夏の夜の幽霊話で涼んでみては?





スポンサーサイト

Newest

Comment

森のharmony #-

誕生日おめでとうございます!
これからもますます元気で、楽しいブログ!
期待してます!

2018/07/25 (Wed) 09:04 | URL | 編集 | 返信 | 

carlos #-

森のHarmony さん

ありがとうございます。
78歳になりました。
あと何年生きられるか・・・
お互い元気で頑張りましょう。

2018/07/25 (Wed) 16:03 | URL | 編集 | 返信 | 

yybatabata #-

Happy Birthday carlosさん!!
いつも楽しいブログ、ありがとうございます。
ますますのご活躍を。

2018/07/25 (Wed) 16:29 | URL | 編集 | 返信 | 

carlos #-

yybatabata さん

誕生日祝いメッセージありがとうございます。
年とともにだんだん根気もなくなってきました。
お互い元気で頑張りましょう。
夏バテしないようお気を付けください。

2018/07/26 (Thu) 07:24 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.