FC2ブログ

SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

熱中症・熱射病・日射病

2018-Aug-1

2,3日猛暑日から解放されたが、また戻ってきたようだ。
今朝も朝から蒸し蒸しと暑い。

連日の猛暑で熱中症で救急搬送される人が多くなっているようだ。

今日は熱中症について勉強してみたいと思う。

熱中症は屋内屋外を問わず高温や多湿などが原因で起こる。

熱中症にも日常生活の中で起きる「非労作熱中症」とスポーツや仕事など、活動中に起きる「労作性熱中症
があるという。

熱中症にも Ⅰ度 (軽症・・・日陰で休む、水分補給)
        Ⅱ度 (中等症・・病院に掛かり、点
を受ける必要がある)
        Ⅲ度 (重症・・・・救急車で救命医療を行う医療施設に搬送し、入院治療の必要がある)

熱中症の症状としては
       主にめまい、失神、頭痛、吐き気、気分が悪くなる、体温が高くなる、異常な発汗、または
       汗が出なくなる・・といった症状があるようだ。

熱中症の重い症状として
      熱失神・・・・・・直射日光の下での長時間の行動や高温多湿の室内で発生し発汗による脱水と
               末端血管の拡張によって脳への血液の循環が減少した時に発生しやすくなり
               突然意識が消失する。

      熱痙攣・・・・・・大量の発汗後水分だけ補給し、塩分やミネラルが不足した場合に発生し、
               突然こむら返りや硬直痙攣が起きる。

      熱疲労……多量の発汗に水分、塩分補給が追い付かず、脱水症状になったときに発生する。

同じような言葉で熱射病や日射病があるが・・

  熱射病    高温多湿の環境下で長時間動いたり、作業した時に多量の汗をかき、体内の塩分や水分が
           著しく不足すると、体温をコントロールする脳の体温調節機能に支障をきたし、重度の意識
           障害を発症した状態をいい、また体温が40度以上まで異常上昇したりする。
           緊急に冷却療法を行う必要があり、生命の危機に直結する極めて危険な状態。

  日射病    直接日光による日焼けと、熱によって発生する。
          暑い日差しのもと、長時間運動したり作業した際に、体が発汗せず、また発汗しても体温の
          冷却が間に合わない状態で、いわゆるオーバーヒート状態。
          体温が平熱になるまでひやしたり、水分塩分の補給を行う。

まだまだ暑い日はこれから。
十分な水分、塩分の補給をこまめに行って暑い夏を乗り切りましょう。
          
      
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.