FC2ブログ

SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

わらび機まつり その2

2018-Aug-7

今日は立秋、暦の上では秋。
今朝は久しぶりに涼しく、昨夜は雨も降ったようだ。
このまま涼しくなるといいのだが、そうは問屋が卸さないだろう。
そんな中台風13号が関東直撃の気配。
恵の雨は欲しいが多くはいらない。


昨日に続き「わらび機まつり」です。

今年で65回目になる「わらび機まつり」。
現在の蕨市は江戸時代終わりごろから綿織物が盛んで昭和30年代ぐらいまで生産されていた。

蕨の機織りの先覚者である高橋新五郎が文政9年(1826年)に今までの高機(たかはた)に改良を加えた
「青縞(あおじま)を織りはじめたところ、江戸市場を圧政する人気を得、その後普段着などにする双子織を
世に出し、綿織物生産地として全国に知られることになった。

いつのころか同業者が集まってお祭りをしていたようだが、当時の町長がこれを町全体のお祭りとして取り上げ
昭和26年7月7日に第一回「機まつり」が盛大に行われ、今に続いている。

昨日は昼の様子でしたが、暗くなり行燈に灯がはいり、昼とはまた違った趣になるのだ。

DSC01649.jpg

DSC01651.jpg

DSC01655_20180806125129788.jpg

DSC01656.jpg

DSC01657.jpg

DSC01658.jpg

DSC01659.jpg
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.