FC2ブログ

SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記

気の向いたままに・・・・・

お盆

2018-Aug-13

今朝は曇りだが、すごく蒸し暑い。

昨夜のソフトボール世界選手権決勝戦、日本対アメリカまさに白熱戦。
延長9回サヨナラ負けを喫したが、一人で投げぬいた上野選手には拍手を送りたい。

さて、
今日はお盆の入り。
お墓参りに出かける人も多い事だろう。

そこで今日は「お盆について考えるの心だ~」      (小沢昭一か~)

お盆はご先祖の霊を供養し、その冥福を祈る行事、またはその行事を行う期間を指していう。
この期間は亡くなった先祖が浄土から地上に帰ってくるといわれている。

お盆の語源は正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)という。

盂蘭盆とは梵語の「ウラバンナ」がごげんといわれ、これは倒懸(とうけん)つまり逆さづりの苦しみという
意味があるそうだ。

盂蘭盆経には お釈迦様の十大弟子の一人で、神通第一といわれる目連がある日亡くなった自分の母親の
事を神通力を使ってみているとなんとははおやは餓鬼の世界に落ちて苦しみあえいでいた。

目連はお釈迦様のところへ行きどうしたらよいか相談したところ、お釈迦様は「90日間の雨季の修行を終えた
僧侶たちが7月15日に集まって反省会を行うからその人たちにご馳走し、心から供養しなさい
」といわれた。
お釈迦様の言うとおりにしたところ目連の母親は餓鬼の苦しみから救われたのだという。

更にお釈迦様は「同じように7月15日にいろんな食べ物を盆に盛り仏や僧侶や大勢の人たちに供養すれば
その功徳によって多くの先祖が苦しみから救われ、今生きている人も幸せを得ることが出来
」  と説いたという。

これがお盆行事の始まりとされている。

古来日本には「御霊祭り」という先祖崇拝の風習があり、盂蘭盆会が仏教とともに伝来した後、双方が融合し
現在のお盆行事となったと考えられている。

私もこれからお墓参りに行ってきます。
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © SCRIBBLINGofCARLOS カルロスの雑記 All Rights Reserved.